国立環境研究所による研究

国立環境研究所は「絶滅危惧淡水魚イトウ(サケ科)の新たなモニタリング手法の開発」 として研究を進めています。 http://www.nies.go.jp/biology/research/g_pj/it/index.html イトウ遡上の貴重な映像のご提供を頂きましたのでご覧ください。130430-103-h-l 映像提供;独立行政法人 国立環境研究所

カテゴリー: 調査報告・レポート | コメントをどうぞ

2013年 環境教育研修プログラム

8月23日から8月26日までの4日間、猿払村におきまして環境教育研修プログラムを実施しました。 今回は酪農学園大学の協力をもとに同大学の学生4名での環境教育研修を猿払村で実施、初日23日には猿払村役場において、巽村長から、猿払村の概要、歴史、産業の講義を受け、続いて猿払イトウ保全協議会会長、小山内より、協議会発足の意義等について、次に猿払イトウの会、事務局の岡本氏より猿払イトウの会の活動等についての講義で当日の日程を終了 日程2日目午前は王子製紙社有林の王子の森を視察、王子木材緑化の小笠原氏から村内の王子社有林の概要、森林施行、樹種等について講義を受け、実際に森を散策し天然林や人工林を観察しその違いを実感していました 日程2日目午後~3日目は協議会小山内、猿払イトウの会の岡本氏と川原氏が猿払川の中流域から上流部の王子製紙社有林内のイトウ保全区を視察、原始の姿が残る河川環境や、河川改修後の河畔林等、人の手が加えられた部分の違いや湿地、山地の植生の違い、林道と河川の交差部に存在するカルバートなどを問題点なども交えながら説明を受け、イトウの産卵河川を歩きサクラマスの遡上、イトウの稚魚等の魚類を捕獲、観察、実際にフィールドを巡りました。 最終日は同村役場において、役場職員方々に今回の研修をまとめたプレゼンテーションを発表して環境教育研修プログラムを終了しました。

カテゴリー: 調査報告・レポート | コメントをどうぞ

2012北大環境教育研修レポート(個人)

2012SICC北大環境教育研修レポート(個人)

カテゴリー: 調査報告・レポート | コメントをどうぞ

猿払地区カルバート調査報告書(中間報告)

イトウの遡上に影響するカルバートについて、現状を調査しております。中間報告を近々に掲載します。 2011SICC猿払地区カルバート調査報告書(中間報告)

カテゴリー: 調査報告・レポート | コメントをどうぞ

2011環境教育研修参加レポート

2011環境教育研修 大学生が参加し、イトウ、猿払の自然環境、産業を学習、フィールドワークを体験しました。学生5名のレポートです。 2011環境教育研修レポート集

カテゴリー: 調査報告・レポート | コメントをどうぞ

カルバート調査

 猿払川にイトウが安定して生息している理由のひとつに、他の河川に比べ、堰堤などの河川を横断する構造物が少ないことがあげられます。川の下流や河口付近、さらには沿岸で成長し、産卵のために上流に移動、産卵後はまた下流に移動するイトウにとって、川がダムや堰堤などによって分断されることは致命的なこと。イトウは移動することができなくなり、産卵できず、やがてその川から姿を消すことになります。猿払川流域にダムがないこと、また堰堤も数が限られていることが、イトウの再生産を保証しているといえるでしょう。 しかし一方では、猿払川にも他の河川と同じように、数多くのカルバートが設置されています。カルバートはダムや堰堤ほど規模は大きくありませんが、イトウをはじめとする回遊魚の遡上を妨げる障害物となることが知られています。カルバートとその下流の水位差や、カルバート内の激しい水流によって、産卵期にイトウが遡上できないケースが報告されています。 そのため猿払イトウ保全協議会では、環境保全区内のカルバートの設置状況や、カルバート上流側でのイトウの産卵状況を調査。イトウに対するカルバートの影響を評価するための基礎資料とします。調査後は、結果の集計とその解析結果を猿払イトウ保全協議会の活動実績として報告します。また調査を通じて明らかとなった問題点については対策を講じ、その対策についても追跡調査を行い、効果を検証します。 ■カルバートとは 用水や排水のための水路が、道路や堤防などの下に埋設されたもの。カルバート下流の落ち込みの水深が深くないとイトウは遡上できず、またカルバート内や上流出口付近に流木などの障害物がある場合も遡上できなくなります。

カテゴリー: 調査報告・レポート | コメントをどうぞ